REMORA -light- HOME  >  他社リスティング広告との比較  >  紙媒体・ラジオ・テレビとの比較
REMORA -light-の特長

メディア別コンシューマーの情報収集経路

※画像のクリックで拡大表示されます

2_1_01 購入のための情報収集は
インターネットが主流


ニュース、エンターテインメント、その他の生活情報では「インターネット」と並び「テレビ」(場合によっては「新聞」)が高い値となっていますが、購入のための情報では「インターネット」が他のメディアを大きく引き離しています。

2_1_03 20代〜40代男性の約半数が
1日3時間以上利用


20代〜40代の男性、20代〜30代の女性で利用時間が多く、年代が高いほど利用時間は少なくなる傾向にあります。

1日に3時間以上利用するユーザーの比率は、男性20代で52.8%、男性30代で46.7%、男性40代で51.3%、女性20代で40.5%、女性30代で41.0%に達しています。
一方で、女性の高年代では利用時間が少ないユーザーの比率が高く、30〜40%前後のユーザーが一日1時間未満です。

2_1_10 インターネットの利用によって
地上波テレビの利用が減少。


インターネットの利用によって利用が減ったメディアは「テレビ(地上波)」が36.9%でトップ、 その他に「雑誌」29.1%、「新聞」24.3%、「書籍」23.5%と活字系のメディアの利用時間も減少しています。



インターネットと切り離せない購買

上記グラフが表しているように【購入のための情報収集はインターネットが主流】で、なおかつインターネットをもっとも利用している世代は【購買力のある20代〜40代の男性と20代〜30代の女性】です。
これらの調査結果より、今後益々インターネットを通じた購買が高まることが予想され、それと同時にインターネット検索に連動しているリスティング広告の効果も期待できます。



キーワードサポートツール
ライティング
訪問レクチャー
コンサルティング
掲載基準
サービス規約
他広告媒体との比較
  紙媒体・ラジオ・テレビとの比較
今こそ!リスティング広告
お問い合わせ サイトマップ
REMORA -light- HOME商品概要利用料金企業概要サイトマップREMORA -light-の特長キーワードサポートツールライティング
訪問レクチャーコンサルティング他社リスティング広告との比較紙媒体・ラジオ・テレビとの比較今こそ!リスティング広告お問い合わせ


COPYRIGHT (C)2003-2009 IFNet,Inc.